体に現れた不調を改善する方法|早めの対処で全開全快!

悩む中年女性

小児科で治せる

低年齢化が進んでいる自律神経のバランス異常です。

人間の体を動かす大切な臓器は心臓や肺など良く知られている器官ですが、そのほかにも欠かせないのが、臓器を動かすセンサーの管理をしている自律神経です。交感神経が優位になると臓器の動きが活発になり、朝の目覚めがすっきりして体がスムーズに動き、副交感神経が優位になると臓器が休眠モードに入り、夜の安眠につながります。 どちらの神経もバランス良く動くことが大切ですが、最近の日本人は昼夜問わず明るい光に照らされ、ストレスが多く、バランスが崩れた自律神経失調症というものに悩まされています。不眠、便秘など身近な症状の原因が自律神経失調症となります。うつ病の原因としても注目されており、スマホやパソコンの普及と使用者の低年齢化により、これからは若い世代も増える病気と推測されています。

便利なグッズを適正利用して、自律神経のダメージを減らそう。

小中学校にもタブレット型端末が導入され、各家庭で携帯型端末を使えば家中どこにいてもネットにつながる時代になっています。便利な反面、使いすぎによるネット中毒や対人関係が苦手な子どもの問題も噴出しているため、使用の際に大人が管理することが必須事項となります。 自律神経失調症になって辛さを訴えられない子どもにも、大人が普段から見ていれば気づく症状があります。やたらとあくびをする、集中力がない、些細なことでイライラしているといった時には、大人と同じように自律神経がダメージを受けている場合があります。こういった自律神経失調症が起こす症状に気づいたら、小児科へ早めに相談することが大切です。子どもの健康な発育のためには、精神的ケアも重要なこととなります。